本文へスキップ

肌トラブルを避けて透明感のある肌を目指すには

肌の状態とくすみの関係

肌の状態が悪いとくすみが増える


あなたの肌状態は最適なものと言えるでしょうか?
たとえば、血行不良だった場合、肌のくすみが進行するみたいです。
私はもともと血行はいい方ではなかったので、肌は常にくすんでいました。

その時は単純に血行が悪いから仕方ないと思っていましたが、
詳しく調べてみると血行不良は冷え症が原因だったことがわかったんです。
冷えが引き起こされるメカニズムは、血行不良が引き金になるそうです。

これによって肌の内部に見られる毛細血管に必要な栄養が届かなくなります。
常に肌は栄養を求めていますが、栄養が届かなければどんどん衰えていきます。
これによって、肌が全体的にくすんだ感じになってしまうわけです。

肌の状態と一言でいっても、血行も関連しているので注意が必要です。

古い角質がたまっていませんか?


自分では保湿しているつもりなのに、肌が乾燥しているように感じる・・・
スキンケアは毎日やっているのに、化粧の乗りがよくない・・・
私は以前にこんな経験があって、本当に悩んでいました。

この原因はズバリ「古い角質」です。
古い角質が肌にとどまってしまうと、くすんだ印象を与えてしまいます。
また、古い角質が原因でくすみを引き起こしているケースは少なくありません。

ですので、普段のスキンケアで心がけたいことは美白だけでなく
「角質を取り除くケア」にこだわったほうがいいと思います。
これを取り入れることができれば、美白はグンと近づきますよ。

意外にも見落としてしまいそうな肌状態を察知することが
美白を手に入れるための近道といっていいかもしれません。